2017年8月6日日曜日

SONY アクションカム FDR-X3000購入!


前々から買おう買おうと思って先送りになっていた
アクションカムでSONYの新型出ないかな?と粘って待ってましたが
結局出なかったので購入!

GoProHERO5と悩みましたが、自分は編集をあまり行わないので
無編集でも色合いと音声が元の状態でも良いと思ったSONYのを選んでみる事に

AS300かX3000か考えましたが4Kあったら使うかな?と思って
ちょっと奮発してみました。


正方形の箱でしたw


内容を買う前に全く見てなくて、防水のハウジングがついててびっくり


ハウジングに入った状態で箱に入っていました。

あとはマイクロUSBのコードが付属しているぐらいでした。
充電はマイクロUSBを本体にさして充電するみたいです。


操作部分です。NFCはWi-Fi接続時にかなり便利だと思いますが
iPhoneに変えてしまったので別に設定が必要みたいです。
(それは後ほど)


正面


AKA-MCP1 MCプロテクターも購入!
これだけで3000円超えするとは・・・


装着はこんな感じでビデオ機らしくなった感じがあります。

他のところのレビューを読んでいると内部にホコリが入ったりすると
取り除くのが厄介らしいです。


縦?サイズはSuicaと同じぐらいですw


プロテクターつけたら横幅?もSuicaとほぼ同じですね(謎)


裏面はメモリスロットがありmicroSDとM2が使えます。

この辺はソニーのホームページで詳しく見れますw


電池部分はこのように。
スマホ等に接続するためのWi-FiのSSIDとPWがあります。

QRコードもあるので読み取れば便利で早く設定可能です。
(SONYの専用アプリで読み取らないとダメです)

読み取ると最初の設定にいるプロファイル類をインストールする
画面になるのでインストールしてからは
カメラからでているWi-Fiに接続してアプリを起動すると
カメラを操作することが可能になります。

画角を変更できます。
本体で設定の変更も可能ですが小さくて見にくいので
アプリでの変更がおすすめかと思います。



左からワイド・ミディアム・ナローです。

メモリカードはmicroSDで
かなり高速のカードでないとダメだった気がしたので

TOSHIBAのEXCERIA PRO M402のバルクを買ってみました!


128GB 6500円ぐらいだったと思います。

速度計測はまだしてないですがSanDiskほど高くなくて速度も速いので
良いです!

以上です。

0 件のコメント:

コメントを投稿